気ままに〜旅ブログ〜

【宿泊ブログ】台湾好きがおすすめするデザイナーズホテル「W台北(タイペイ)」の宿泊記

ホテルズドットコムで予約する

agodaで予約する

エクスペディアで予約する

不動の人気を誇る台湾。

日本から約3時間という近さ、食べ物の美味しさ、どこかホッとする懐かしさ

など台湾の魅力はひとことでは語れないですよね。

 

私は学生時代に台湾へ1年間留学をし、台湾の魅力の虜に…

それから、年に1〜2回は必ず旅行へ行くようになりました。

 

 

台湾全制覇の台湾大好きの私が、MARRIOTT BONVOY(マリオットボンヴォイ)グループの

台北にあるデザイナーズホテル「W TAIPEI」に宿泊し、感動…

 

台北に宿泊する際は、絶対にまた泊まりたいホテルとなりました。

 

その魅力をたっぷりお伝えします♪

<script language="javascript" src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=3505014&pid=886534072"></script><noscript><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3505014&pid=886534072" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3505014&pid=886534072" border="0"></a></noscript>

<a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3505014&pid=886534101" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3505014&pid=886534101" border="0"></a>

<script language="javascript" src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=3505014&pid=886535167"></script><noscript><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3505014&pid=886535167" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3505014&pid=886535167" border="0"></a></noscript>

W TAIPEIの魅力

スタイリッシュでお洒落

「W TAIPEI」は、デザイナーズホテルとしてタイペイの中で先駆けてオープン。

まだ学生だった私には憧れのホテルでした。

まさかこのホテルに泊まれる日が来るとは…と夢のようでした。

 

しかもその期待を遥かに超えた空間。

 

車付けできるエントランスは、遠くからでもすぐわかるとてもきらびやかなライトニング。

夜市や夜の観光から帰るとテンション上がります♪

「W TAIPEI」エントランス(公式サイトより)

部屋もモダンで広々

気になるお部屋も、赤を基調とした広々としたデザイン。

 

床は、しっかりとしたふかふかの絨毯。

入って右手には、バスルーム、クローゼット。

そして、入って左手奥にはミニバーがあります。

 

もちろんバストイレは別です。

値段もリーズナブルなバー

マリオットヴォンベイ系列のホテルのバーの中でも、台北はラグジュアリーホテルにしてはお手頃価格。

 

 

夜市で楽しむ前、楽しんだ後で気軽に楽しめます。

 

「W TAIPEI」にはバーが3つあります。

・WOOBAR(10:30AM~10:00PM)

・YEN BAR(02:00PM~07:00PM)

・WET BAR(07:00PM~01:00AM)

 

 

ビール1杯1,000円ほど、カクテルも1,500円ほどでいただけます。

この雰囲気でこの価格なら、試してみる価値あり。

私が宿泊した2泊とも雨だったため、プールサイドのWET BARには行けず、室内の2軒へ行きました。

お洒落なプールサイドでのバーでのビールはまた次回の楽しみにしています♪

ジムは利用し放題

台湾といえば、夜市!タピオカ!かき氷!朝食!

と食の目白押しの土地。

 

食べ過ぎてしまったときでも、24時間ジムがあるので気軽に体を動かすことができます。

 

ジムの広さも十分で、器具の種類も豊富です。(エニタイムくらいの広さをイメージしていただければと)

 

ちなみにプロテインは、300元で用意してもらえますよ♪笑

 

朝食について

THE KITCHEN TABLE

07:30AM~10:00AM(EVERY DAY)

800元

ロビーと同じ10階にあるので、わかりやすいです。

台湾オリジナルのおかゆや、蒸しパン、和食、パン、搾りたて生ジュースなどかなり豊富に取り揃えています。

 

私たちが宿泊したときは、

朝6時に起床し、ジムに行き、近くの朝ごはん屋さんで現地の朝ごはんを調達というスケジュール。

 

「W TAIPEI」の朝食もとても美味しいという評判ですが、

現地暮らしが長かった私は、地元の味を求めてホテル近くの朝ごはんやさんへ行きました笑

 

徒歩10分圏内には4件ほど、台湾風サンドイッチやだんぴん、豆乳が購入できるお店があるので、

ぜひGoogle mapで「朝ごはん」と検索してみて、お散歩がてら現地の朝ごはんを調達してみてください♪

日本では味わえない台湾朝食が楽しめますよ〜!

(土日は休みの可能性もあります)

買い物や観光への立地が便利!

もちろん台北に来たならば、観光も必須!

歴史的な建物から、夜市、ジブリの舞台となった観光名所「九份」などなど

 

 

「W TAIPEI」は、市政府駅から徒歩3分ほど。

市政府駅は、臺北駅(日本でいう東京駅のように乗り換えができる大きい駅)まで約10分なので

桃園空港や淡水など電車を利用するエリアへのアクセスもスムーズです。

 

ちなみに、「W TAIPEI」の徒歩約10分圏内には、

日本で有名な「春水堂」や「鼎泰豊(ディンタイフォン)」もあります。

台湾は、持ち帰り(外帯)文化なので、お部屋でゆっくり食べることもできます♪

 

ホテルの周辺は、101、国立国父記念館が徒歩圏内にあります。

中正記念堂は、MRTで約15分ほどで到着。

中正記念堂から歩いて約15分で、永康街という日本の表参道のようなお洒落なエリア?もあるので

時間があればぜひ。

 

高記という中華が絶品です!

 

台北に来たからには、ジブリ「千と千尋の神隠し」のモデルになった「九份(分)」に行ってみたい!という方も多いはず。

 

すでに片手じゃ足りないくらい来ていますが、いつ来てもここは感動。

 

台湾の中で世界中の人たちから人気の観光地なので、

電車やバス、タクシーなど行き方は様々。

 

おすすめは、1番安くて楽なバス。

忠考復興駅から約15分おきに出発しています。

4人以上の場合は、タクシーが楽でお得かもしれません。

おまけの情報:チェックアウト後のシャワールームの利用

台湾から日本へ帰国する便は、24時間通してたくさん。

帰国する便が夜遅い便の場合、日中は外で観光したりしなにかとシャワーを浴びたいですよね

 

フロントで帰国の便が遅いため、シャワールームを利用したい旨を伝えると

1600元で「AWAY SPA」が利用できます。

 

アメニティはついていませんが、バスタオルを貸していただけます。

シャワールームと温泉、マッサージ機もあり、まるで日本の温泉施設のようです。

 

利用時間は、00:30PM~08:00PMなので、要注意です。

さいごに

台湾にはたくさんのホテルがありますが、

「W  TAIPEI」は立地、クオリティ、サービス全てにおいて満足のいくものになるのは間違いなしです。

どこか懐かしい台湾と新しい台湾の融合されたこの台北で、またたっぷりと楽しめる日が早く来ますように。

ホテルズドットコムで予約する

エクスペディアで予約する

-気ままに〜旅ブログ〜
-, , , , ,

© 2022 UPMATE(アップメイト)