気ままに〜旅ブログ〜

【宿泊ブログ】隈研吾さんがデザインした『ATAMI海峯楼』に6回目にして「誠波」に宿泊。まるで海外にいるような貸切り贅沢空間・・・

 

 

予約はこちらから

 一休

 

こんにちは!海外・国内旅行大好きのUPMATEです。

 

年2、3回は海外旅行に行っていましたが、今年は新型コロナウイルスで海外に行けず(涙)

そんな方も多いはず?

 

そんな事情もあり、今回大好きな旅館「ATAMI 海峯楼」の最高のお部屋「誠波」に初めて宿泊しました。

一言で言うと、「これ以上ない自分たちだけの空間と贅沢な時間」

 

海が好きな人にはぜひ味わっていただきたいお部屋となっていますよ。

まるでハミルトン島・・・

 

 

1日の流れ

■1日目

14:30頃 ロビーにてチェックイン手続き

14:00      お部屋へ

お部屋とお部屋の露天風呂でのんびり

18:00       ウォーターバルコニーにてゆっくり夕食

21:00       貸切り温泉の利用(50分間)

22:00      お部屋へ

 

 

■2日目

7:00       起床

8:00  ウォーターバルコニーにて朝食

朝食の後は、お部屋の露天風呂でゆっくり寛げます

11:00     チェックアウト

 

私たちはこんな感じで約21時間の滞在時間を過ごしました。

ゆったりとした時間で、日頃の喧騒を忘れますよ。

 

 

チェックインから「誠波」へ

全室4部屋しかない贅沢な空間の「ATAMI 海峯楼」

私は今まで2階のお部屋「JAPANESE ROOM / 爽和・さわ」「WESTERN ROOM / 尚山・しょうざん」に年に1回は宿泊しているリピーターで、「ATAMI 海峯楼」の大ファンです。いろいろ宿泊していますが、今まで宿泊した旅館の中で「ATAMI 海峯楼」が1番大好きです。

 

そして、ついに、、、

今回念願の「誠波・せいは」に初めて宿泊!

 

今まで宿泊したお部屋と今回のお部屋の違いを比較しながら、レビューをしたいと思います。

 

熱海駅まで1組ずつ車でお迎え

14時すぎに熱海駅に到着。

いろいろお土産や部屋で飲みたいビールなどを購入し、送迎に来ていただきました。(送迎は事前に予約となります)

 

以前は、レクサスでの送迎でしたが、ここ数年は大きい黒いバンでお迎えに来ていただいています。必ず1組ずつでの送迎になるので、ゆったりと過ごすことができますよ。

 

車に乗ると、まずは冷たくていい香りのするおしぼりをいただきます。暑い日には冷たいおしぼり。寒い日には温かいおしぼり。おもてなしの心を感じますね。熱海駅から「ATAMI海峯楼」までは、車で5分ほど。運転をしてくださる方と軽くお話をしているとすぐについてしまいます。

もし自家用車で行かれるかたは、一方通行ほどの狭い坂道(結構急!)なので車体が低かったり、運転が慣れていない方は送迎していただくことをお勧めします。運転慣れてる方は、所々離合できるので大丈夫です♪

 

ATAMI 海峯楼

到着!

 

こっそり情報

徒歩で「ATAMI 海峯楼」から熱海駅まで行くこともできます。全くオフィシャルでもなく、Google マップにも掲載されていない道なのですが、「ATAMI 海峯楼」のスタッフの方や近隣の方が通勤路などに最短ルートで利用されているとのことです♪階段が多いので、荷物はホテルに置いた状態で、運動靴で行くことをおすすめします!海岸沿いにも行くこともできます!

お散歩したい方はぜひ♪

 

ゆったりロビーでチェックイン

さて、「ATAMI海峯楼」に到着したら、早速チェックイン。

眼下に熱海の街を見渡せるロビーのソファーでチェックインです。お隣には、食事処。

とても広々しています。

 

ATAMI海峯楼

 

ソファーに座ると青々とした緑を眺めることができるので、どこかほっとします。

ガラス張りのテーブルの上には、ここをデザインした「隈研吾さん」の本が並んでいます。国立競技場のデザインも手掛けているとても有名な方ですよね。

 

こちらの旅館を知ったのも、母が隈研吾さんがデザインしている素敵な旅館があると聞いたのがきっかけでした。他にも「ふふ」や「せかいえ」も同じグループの会社にあるのですが、隈研吾さんがデザインした旅館はここだけです。

 

ATAMI海峯楼

 

 

待望のお部屋、お部屋「誠波・せいは」へ

チェックインの手続きがお部屋の準備よりも早く終わったので、しばらくロビーのソファーで待機。

穏やかな時間が流れているので、話しているとあっという間。

 

15時チェックインの10分前ほどで、お部屋に案内をしていただきました。

 

部屋に入ると・・・

 

目の前に海ーーー!!!!!!

ATAMI 海峯楼

 

こんなに真っ青な海の地平線をこんなに広々とした窓で一望できるなんて、本当に感無量でした!

 

天気も良く青空で、海と空の境目がわからないくらい。。。

ATAMI 海峯楼

お部屋にあったお茶を使用した和菓子。

部屋から海を一望できるのは本当に日本のハミルトン島のよう。。。

ハミルトン島大好きな母が大感動していました。あぁ来てよかった。。。

 

 

ちなみにお部屋もとても広いです。2階のお部屋の約2倍の90㎡あります。

 

 

海を一望しながらの部屋付き露天風呂

3階のお部屋どちらにも付いている露天風呂。

露天風呂付きの客室にはいくつか宿泊し、露天風呂付き客室の良さは分かっていたのですが、ここはもう格別。

 

24時間温かいのはもちろんなのですが、ジャグジーバス♡

しかも、ゆっくり寝そべることができるソファー付き。ワインやシャンパンに酔いしれながらお風呂に入ることができます。(笑)

 

外で着るためのバスタオルや、バスローブも用意してあるので安心して外に出れますよ♪

ちなみに、ソファーの目の前のインフィニティプールに見えるところは、冷たいです(笑)足湯ではありません

 

 

アメニティ・設備もとても豪華!

実は宿泊して気づいたこと。。。アメニティーや設備は2階のお部屋に置いているものと同じものかと思っていたのですが、違いました。。。笑

2階のお部屋のときのアメニティーでも感動していたのですが、さらにランクアップ。2階に宿泊していたからこそ、違いに気づけたので間違い探しみたいで面白かったです(笑)

 

 

■ミニバー

グラスが豊富〜〜!

ミニバーがあるのですが、シャンパングラス、赤ワイン用・白ワイン用のワイングラス、おちょこ、マグカップ、コーヒーカップ、エスプレッソカップと全部使い切れないくらい豊富にあります(笑)

ネスプレッソマシン は他のお部屋にもあったのですが、紅茶用のマシンもあるのには感動。

 

写真は撮り忘れてしまったのですが、冷蔵庫に入っている水、お茶のペットボトル、瓶ビールは無料でいただけます♪

 

 

 

■アメニティ(シャンプーやリンス)

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ・フェラガモ)のシャンプー、コンディショナー、シャワージェル、ボディクリームが小さいボトルで人数分置いてあります。優しい香りなので、使いやすく、持って帰りました♪

ちなみに2階のお部屋ですと、THANNのシャンプー、コンディショナー、シャワージェル、ボディクリームがボトルで置いてあります。こちらは大きいボトルで置いてあるので、もちろん持って帰れません。タイのブランドで、エキゾチックで華やかなでとても癒されるいい香りです。

 

私はここで「THANN」を知って、そこからエデンブリーズという香りのディフューザーやボディソープを購入し、愛用しています♪都内にお店がありますし、オンラインショップ、三越伊勢丹オンラインでも取り扱いがあります♪

 

 

ATAMI 海峯楼で扱っていたシャンプはこちら

■ベッド

今までの2階のお部屋はオリジナルベッドのダブルサイズ(130cm × 210cm) が2台だったのですが、

今回のお部屋は、世界3大ベッドブランド「シーリー」のワイドダブルサイズ (150cm × 220cm) が2台の用意。

(ダブルベッド希望の場合は、事前に言っておくと変更していただけます)

 

3人で宿泊する場合は、エキストラベッドを用意してもらえますよ♪(ちなみに寝心地は普通のエキストラベッドよりも柔らかいですが、シングルサイズです)

 

私たちが気づいたのは以上です!

 

幸せな空間です〜〜〜

 

 

旬の食材を使用した夕食

18:00

いよいよ待ちに待った夕食のお時間。

 

夏なので、まだ日暮れ前。とても綺麗です。

本日の献立はこちら。

毎月その旬その旬の食事が出るので、毎回楽しみです♪

 

今回は、夏らしい鱧や鯵のなめろう、新生姜のご飯といったさっぱりとしたお食事でした♪

寒い時期になると、冬らしい味付けや食材に変わります♪毎月来たいくらいです(笑)

 

ATAMI 海峯楼

 

 

広々とした貸切り風呂へ

食事をいただいて、少しゆっくりしてから貸切り風呂へ。

階段を降りて1階にあります。フロントで鍵を借りて、幻想的な空間を歩き、壁の一部になっている隠し扉のような大きな扉を開けて中に入ります。

 

貸切り風呂といっても、大浴場並の広さのお風呂です。

籠は8個ほどあり(団体で利用されることもあるので)、洗面台も3つあります。

 

バスタオル、フェイスタオルなどアメニティーは全て完備されているので、何も持っていかなくてもOKなくらい!

ミニ冷蔵庫には、エビアンのミニボトル、瓶のコーヒー牛乳、アサヒビールのミニ缶が取り揃えられています。その時の気分に合わせて、ひと休みできるのが嬉しいですね。

 

朝日を浴び、絶景を見ながらの朝食

朝8:00になると朝食のお時間。

ちなみに、ウォーターバルコニーでのお食事は、3階のお部屋「誠波」か「風科」が利用できるエリアとなります。夕食は予約制となっており、夕食をウォーターバルコニーでいただいたお部屋の方は、もう一方の部屋の方が優先されるため朝食はお部屋での食事になる可能性があります。

 

今回はたまたまもう1部屋の方が10時からのお食事を希望されていたため、朝食もウォーターバルコニーで食事をいただけました。

 

朝日と海を眺めながらの朝食は、まるで海外のよう。食事は和食と洋食から選ぶことができますよ♪

朝食のお米も釜炊き。美味しくて、3人で3.5合は食べました(笑)

 

 

さいごに・・・チェックアウトはのんびり11時

朝食をいただき、お部屋の露天風呂でゆっくりしているともう11時のチェックアウトの時間です。

 

滞在時間約21時間もあっという間。

 

チェックアウトの手続きも、チェックインの時と同じロビーのソファーで行います。

手続きが済むと、帰りも車で送っていただけます。

 

すでにまた来たいという気持ちになる「ATAMI 海峯楼」

次回宿泊するなら「誠波・せいは」にまた泊まりたい!

 

もちろん他のお部屋もいいのですが、やっぱり海外に行けない今贅沢気分・海外気分を味わいたいので少し高くても満足感の高いこの部屋がいいなと個人的に思っています。

ちなみに、滞在期間中他に宿泊されている方と誰とも会いませんでした(笑)

チェックアウトの手続きのときにカップルに会っただけ。

 

全部で4組しかいない贅沢な空間ですね。

特に夕食をウォーターバルコニーでいただくと、本当に誰とも会いません。

 

とにかく最高だった「ATAMI 海峯楼」

 

 

次はいつかな〜♪

また行くのが楽しみです♪

 

予約はこちらから

 一休

-気ままに〜旅ブログ〜
-, , , ,

© 2022 UPMATE(アップメイト)